老いてなお愛らしく

IMG_0923

母親が少しずつ老いていくのを見るのは、悲しくてチョッピリ胸が痛い

いろんな事がユルくなり、今までどうりでない事が受け入れられず一方的に怒ってばかりで、反省しては『昨日はゴメンね』と謝る・・・この繰り返し。

じっくり観察してみると、どうやら母の住む世界では時間は途方もなくゆっくり流れている様子。もう私は『お母さん』と甘えていてはいけないのかもしれないな

私の母はニッコリ笑う時の笑顔がなんとも可愛いらしい、これは自慢。

ある時から、下の名前で『○○子さん』と呼んでみた。

そうすると母親が少しずつ老いていく事も、一人の女性の自然な時の流れなんだとやっと気づく・・・私の眼差しも少しは優しくなったはず

青空の下、○○子さんと一緒に

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>